最高の美宿(1)部屋に源泉かけ流しの温泉がある宿

この記事は約8分で読めます。

美しく清潔なしつらえに、温かなもてなしと美味しい料理が揃えば「最高の美宿」。
そこに「源泉かけ流し」の温泉が加わり、お部屋で24時間楽しめる宿となると、それはもう「最高の最高!」に他なりません。

なお、上記観点からすると値の張る宿のポイントが高くなるのは仕方がありません。
だからといってお高いからいいというわけではないのはレストランと同じ。数時間ではなく、丸一日を過ごすことになる宿選びはレストラン以上にしっかり口コミを参考にすべきだと思います。

そんなの面倒!という方はどうぞこのサイトをご参考に(笑)

源泉かけながしの宿を検索する時は一休.comがおすすめです。細かい条件で絞り込みができてカタログのように宿を見ることができるのです。写真もきれいで、ちょっと良い宿を探すのにおすすめです。
じゃらんはこのページで「源泉かけ流し」にチェックを入れるとさらに詳細を絞り込めます。
楽天トラベルは日付を入れないと検索ができないため、宿名で調べたいときや日付が決定しているときに使うとよいでしょう。
→宿を選ぶ検索サイトの使い方をさらに詳しく見る(準備中)
→「最高の美宿」一覧はこちら
館内に源泉かけ流しの温泉がある「最高の美宿」はこちら
→ 温泉のない「最高の美宿」はこちら

部屋に源泉かけ流しの温泉がある「最高の美宿」(地域別)

*〇は全室に源泉かけ流し温泉あり~部屋選びのストレスがなくおすすめです
*「注目の宿」は泊まってみたい思っている「部屋に源泉かけ流しの温泉がある宿」の備忘録です

北海道

坐忘林(ニセコ)
2020現在「最高の美宿」中№1。雄大な自然に溶け込む建屋からインテリアの細部に至る完璧なまでの美しさ、パブリックスペースの充実、露天と内風呂にかけ流される豊富な湯量の源泉、スタッフの質の高さ、地元らしさを味わえる料理と器の素晴らしさ、趣味の良いオリジナルの土産など非の打ち所がない宿。

翠山亭倶楽部定山渓(札幌・定山渓温泉)
瀟洒な洋館のたたずまいは定山渓温泉でも別格。ロビーエントランスの迫力ある美しさにも圧倒される。第一寶亭留グループで最も贅沢感のある宿で、系列の宿の湯めぐりも楽しい。温泉とハード部分の良さが印象的。

注目の宿
パノラマニセコ
(北海道・ニセコ)
望楼NOGUCHI登別(北海道・登別)

東北・北関東

角館山荘 侘桜 (秋田・角館)
新しい宿だが、いい意味でそう感じさせないのは母屋となっているよく手入れされた茅葺き古民家の重厚感から。サービスと料理が素晴らしい。居室のテラスと半露天になるかけ流しの温泉の動線もよく「角館」を楽しむのに最高の宿。

つつじ亭 松虫(群馬・草津温泉)
草津温泉の中心地から少し離れた、当地では別格の宿。しつらえや料理はやや素朴だが、露天風呂の素晴らしさや女将の温かく細かな心遣いは特筆に値する。雰囲気の違うパブリックスペース(ラウンジ)も素晴らしい。草津はアクセスは良いと言えないが、湯畑などの観光や湯めぐりも楽しめるおすすめの温泉地。

注目の宿
〇夏瀬温泉 都わすれ (秋田・夏瀬温泉)
〇櫻湯 山茱萸 (山形・赤湯温泉)

甲信越・北陸

赤倉観光ホテル 温泉露天風呂付きCルーム(新潟・赤倉温泉)
長野駅からローカル線に乗り換えて訪ねるスキー場併設のクラシックホテル。この部屋は冬場は外からの視線が気になり注意が必要。新たにできた上階の露天風呂付きルームも魅力的。大浴場はじめパブリックスペースすべてがセンス抜群。ビューバスがついたコーナーシングルでのひとり旅も最高だった。

あらや滔々庵 九谷/兼六の間(石川・山中温泉)
山中温泉随一の名宿。当地の山海の幸を堪能できる。夏も冬も蟹が出る。飲泉もできる泉質の良さやしゃれたバーなども魅力。

伊豆・箱根・熱海

ザ・ヒラマツ ホテルズ&リゾーツ 仙石原(神奈川・箱根仙石原)
一からつくり上げた建屋の豪華さや贅を尽くした調度品、美術品などはため息もの。斬新なデザインの室内温泉も素晴らしいがカップル以外にはやや気恥ずかしさも。料理は朝夕共に多めでやや重く、土地の恵みを生かしたというよりも「美食」を尽くしたオーベルジュという印象。

ミクラス(静岡・熱海)
オーシャンビューで眺望抜群、清潔で充実した温泉施設がリーズナブルに楽しめる。料理は良かったり悪かったりとムラがあり、かけ流し温泉付きの部屋の温泉は塩素臭いのが難点。しかしこうした欠点を補って余りあるハード面の素晴らしさと便利さで、気軽にリピートしたくなる宿。裏手の「大月旅館」が本館であり大浴場が利用できる(現在休館中)。

オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭(神奈川・箱根仙石原)
こじんまりと静かなセンスの良いオーベルジュ。ダイニングからの景色は雄大で圧巻。2018台風の影響により全室源泉かけ流し→運び湯に。現在の温泉の様子は予約時に要確認

富士屋ホテル(神奈川・宮ノ下温泉)
部屋の種類もグレードも種々ある言わずとしれたクラシックホテル。歴史を感じさせるダイニングは泊まらずとも楽しめる。広く、ホテル周りの散策もできる。どの部屋でも源泉かけ流しの湯が楽しめる。2020夏完全リニューアル開業。

強羅花扇(神奈川・箱根強羅)
吹き抜けのロビーが美しい。岐阜の宿が元東京都の特別な保養所をリノベーションしたそうだが、リノベ宿にありがちな安っぽさはみじんもなし。飛騨牛を使った料理も抜群に美味。

強羅花壇 貴賓室/夕顔の間(神奈川・箱根強羅)
格子にガラス張りの美しい回廊や大きな室内プール、メルセデスでの送迎など他の宿にはないゴージャス感あふれる名宿。ただし源泉かけ流しは1階の離れや貴賓室、貸切風呂のみ。後から知って残念に思ったもののテラスの露天風呂は快適だった。ファミリーでも楽しめる。

アルカナイズ リバーウィングスイート(静岡・天城温泉)
素晴らしい料理はどの部屋も同じなのが嬉しく、ハイレベルなフレンチを朝夕ともに味わえる。川沿いで最高の開放感と眺めながら、遮るものがないためやや外からの視線が気になる。送迎はなくアクセスがネック。

あさば   山吹の間(静岡・修善寺温泉)
西の俵屋、東のあさばというほどの名宿。宿の格式を物語る立派なエントランスと広い玄関。ラウンジの抜け感がほっとさせる。窓の外に緑が溢れ、下を見やれば能舞台。角部屋でかけ流しの部屋風呂のついた山吹。一階からの景色はラウンジやテラスからも見えるので二階の客室はおすすめ。近年豪華な離れが完成。

注目の宿
〇別邸 仙寿庵 (群馬・谷川温泉)
仙郷楼(別邸奥の木々) (神奈川・仙石原)
〇カナヤリゾートハコネ (神奈川・仙石原)
石葉 (神奈川・湯河原)
〇ボスケージカリヤ(神奈川・湯河原)
〇箱根・翠松園(神奈川・小涌谷)
小田急 山のホテル (箱根・芦ノ湖)
〇強羅花扇 円かの杜 (箱根・強羅)
〇熱海 ふふ(静岡・熱海)
〇ATAMIせかいえ (静岡・熱海)
潮騒のリゾート ホテル海(静岡・富戸)

関西・中国

すみや亀峰菴/亀峰菴(京都・湯ノ花温泉)
亀峰菴の客室のみ源泉かけ流し。湯ノ花温泉で源泉かけ流しの宿は少なく希少な存在。料理も美味しく、保津川下りと合わせて楽しみたい宿。

有馬山叢 御所別墅 (兵庫・有馬温泉)
当時はなかったが、現在ヴィラには室内源泉かけ流し風呂あり。贅沢な造りと温泉街から離れた場所にあるためとても静か。サーマルルームは温泉が苦手な方もじんわりと汗をかくことができる。広い敷地に10室の離れや大浴場がある。有馬の名宿、送迎付きで御所坊の金郷泉に入ることができる。お年寄りには段差が多い御所坊の建屋よりこちらがおすすめ。

注目の宿
〇京・Tango Resort はなれ 空遥 (京丹後・間人)
〇いっぺん庵 (京丹後・久美浜)
〇別邸 音信 (山口・湯本温泉)

九州

湯布院 玉の湯(大分・湯布院)
女性館主らしい、花があふれ心からくつろげる雰囲気の名宿。温泉はもちろん、パブリックスペースでのくつろぎや陽光差し込むサンルームのある居室なども、思い出すとぽっと心が温かくなるような優しさに満ちている。料理も抜群で、併設のこじんまりとしたバーも素晴らしい。

妙見石原荘(鹿児島・妙見温泉)
石蔵、本館一部客室のみ部屋付き源泉かけ流しあり。源泉を9本も抱えるため飲泉も可能で湯浴みどころがたくさんあり、渓流添いのロケーション含め野趣にあふれる名宿。しかししつらえは田舎臭さがみじんもなくシックでセンス抜群、地の恵みを生かした料理も素晴らしい。

石山離宮 五足のくつ PREMIUM (熊本・天草)
熊本空港からプロペラ機で飛ぶか、フェリーで海を渡る道程も心弾ませる特別な宿。3タイプの部屋はそれぞれ良いが、ひとつ選ぶならプレミアム。露天の濁り湯も素晴らしいがこの宿はなんといっても料理!新鮮な海の幸に唸ること間違いなし。好天時には絶景テラスでの朝食も。勾配がありお年寄りには厳しいかも。

〇界ASO→界阿蘇(大分・黒川温泉)
星野グループの界ブランドはこの宿を傘下にしたことから始まった。ASO時代に訪れたのでシステム等変わっている部分はあると思うが、ロビー、客室、露天風呂などすべて美しく贅沢で思い出に残る宿。

山荘無量塔 暁(大分・湯布院)
賑やかな温泉街から少し離れた山中にあり、独自のセンスが際立つプライベート感ある名宿。高級感のあるしつらえや調度品も素晴らしく印象深い。レストランやバー、セレクトショップなど宿泊者以外も利用可能。タンズバーは特におすすめ。

亀の井別荘(大分・湯布院)
湯布院を訪れるたび立ち寄りたくなるセレクトショップ鍵屋。レストラン湯の岳庵もおすすめ。荘厳さに圧倒される堂々たる門構えには地域一の名宿として名をはせるだけの格式が感じられる。女性的で可愛らしさのある玉の湯に対し、男性的でどっしりと落ち着いた静逸な亀の井別荘。どちらも泊まるべき名宿と思う。

注目の宿
〇黒川温泉御処 月洸樹 (熊本・黒川温泉)
忘れの里 雅叙苑(鹿児島・妙見温泉)
〇きりしま悠久の宿 一心(鹿児島・霧島温泉)
〇旅亭 半水廬 (長崎・雲仙)
〇壱岐リトリート 海里村上 (長崎・壱岐)
〇フリューゲル久住 (大分・久住)
〇ガハマテラス (大分・別府温泉)
〇金門坑。 (大分・湯布院)
〇山荘 わらび野 (大分・湯布院)

*宿泊レポートをリンク予定
*「最高」とはいえないが素晴らしい特徴を持つ「美宿」はこちら(準備中)
*都会にある素敵な大型ホテルはこちら(準備中)

「最高の美宿」一覧はこちら
部屋に源泉かけ流しの温泉がある「最高の美宿」へもどる
館内に源泉かけ流しの温泉がある「最高の美宿」はこちら
温泉のない「最高の美宿」はこちら

▶「ステキな旅は宿選びから」へ

タイトルとURLをコピーしました